CEL TOP

CEL TOPの種類

銘柄 成分系
CEL TOP Cr 高Cr鋳鉄系+複合炭化物
CEL TOP W 高Cr鋳鉄系+複合炭化物(WC)
CEL TOP HW WC炭化物系

CEL TOPの特徴

耐摩耗性UP

TOP PLATE及びEP-TOPのハイグレード製品としても使用でき、軽量化かつ長寿命化が要求される箇所に最適です。

金属組織写真(硬化層部 ×100)

硬化層の厚みを選択

CEL TOPは硬化層の厚みを選定することができ、重量制限がある設備においても必要な硬化層の厚みを選定する事で使用する事が可能となり、優れた耐摩耗対策を施せます。

母材厚 硬化層厚 最大幅 最大長さ
3mm 2mm 160mm 2500mm
4.5mm 2mm〜3mm 260mm 2500mm
6mm 2mm〜6mm 400mm 2500mm
9mm 2mm〜6mm 400mm 2500mm

硬化層厚は1mm単位となります。HWにつきましては硬化層厚が4mm以上のみ製作可となります。母材及び硬化層の厚さの組み合わせも各種可能です。これより大きなサイズはお問い合わせ下さい。

高温雰囲気下においても高硬度を保持

高温雰囲気下におきましては、TOP PLATEを含む高クロム鋳鉄系では硬度がかなり低下しておりましたが、CEL TOPにつきましては高硬度を有します。

コストダウン

高価格なWC系の耐摩耗材としては、CEL TOP W及びHWは優れた耐摩耗性を有しかつWCを含む耐摩耗クラッド鋼板でありながら低コスト化を実現。

CEL TOPの用途につきましては、TOP PLATE及びEP-TOPと同様です。また、CEL TOPの切断、曲げ加工、溶接、製缶などは当社でも行います。その他、ご質問等ございましたら弊社へお問い合わせ下さい。